カテゴリー
管理人のつぶやき
プロフィール

gameriku

管理人gameriku
一応ミュージシャン。

管理人の別ブログ
新マニアック・コラム
ドラコイに落ちて

ブログ全記事表示
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
No,
Trackback(-) | Comments(-)
猫飼いとして精進いたします
近頃メス猫のモモが、かなり痩せてしまった。
元気も無く、ほとんど動かなくなった。
そういえば餌を食べているのも見かけない気がする。

そこでモモ用に高カロリーのキャットフードを購入した。
一緒に飼っているオス猫のココは太っているので、モモだけ別室で食べさせようとしたのだが、ほとんど食べない。
嗜好性を高めるためにササミふりかけや鰹節などを混ぜてみたのだが、それでも食べない。
ササミふりかけや鰹節を単独であげると、少し食べる。
少し食べると移動してしまうので、口のところにもっていってやると、また少し食べる。
食べること自体が面倒というか、気が乗らないようだ。

獣医に言った結果、肝機能低下と診断された。
もっと早く気づいて獣医に行くべきだった。

我が家ではオス猫のココとメス猫のモモを一匹ずつ飼っている。
餌のドライフードと水は常においてある状態で、いつでも食べられるようにしている。
そもそも、ここに問題があった。
この状態ではどちらかが食べたり飲んだりしなくなっていてもなかなか気が付かない。
実際に今回も食べなくなったことに気が付いたわけではなくて、痩せたことに気が付いたあとで、そういえば食べるのを見かけない気がするという順番になってしまった。
トイレも共用なので排泄の状況もわかりにくいところがある。

これとは別に個人的にココのほうばかり可愛がり、モモとのスキンシップが少なかったことも問題だった。
換毛期であれば抜け毛が多くなっていないかチェックするのだが、換毛期も少し過ぎていたのでだいぶ痩せてしまうまで気づかなかったのだ。
この点が一番反省するべき所で、全く弁解の余地が無い。

そもそも猫に対する認識が甘すぎた。
前に飼っていた三匹の猫は母が世話をしていたのだが、人間の食べ物をかなり与えていてひどい食生活だったにも関わらず、みんな健康で17-19年くらい生きた。
そのおかげで、猫はほうっておけば勝手に長生きするものだと思い込んでいた所がある。
今の猫も7年半、何事も無く過ごしてきたので安心しきっていた。

亀に関しては散々研究した。
どの亀が餌を食べているかや排泄しているかがわかりにくいこと、ストレスのことを考えて同じ種類の亀であっても多頭飼いはすぐにやめていた。
しかし、猫については何も知らず、研究したことも無く、当然病気についても知らなかった。
多頭飼いでの餌のあげ方、スキンシップのしかた、病気についての知識のなさ、これらが重なって獣医に連れて行くのがすっかり遅くなってしまったわけだ。
猫飼いとしては、まったく失格でひどい飼い主だったということを痛感した。


↓ランキング参加中 協力してね!
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村

ペット・動物 | 【2006-08-19(Sat) 09:24:15】
No,50
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。